読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringostyleのブログ

日常のありきたりながら、面白かったこと、深く考えたことなどを日記テイストで投稿します。

古き友人と食事

 

なんとまあタイトルが胡散臭いですが、

 

今日は幼馴染の友達と早めに終わった仕事のお祝いで、ご飯と少しお酒を頂いたのですが

 

仕事が早く終わる事がもはや私からすれば

祭りです。

 

 

いや、ほんとに。7時台に帰れるなんて

夢のまた夢のまた夢の話です。いま目の前にドラえもんが出現しても、対して驚かない。そのくらいもともとぶっちぎりのテンションです。

 

ですが、今日は木曜なのに

大好きなご飯屋さんは一杯で

やはり予約がなきゃダメみたいでした。

 

 

仕方なく大衆居酒屋へ

たまには良いですね。人間観察大好きな私からすれば

大衆居酒屋で馬鹿騒ぎしているおじさま達を見ると、非常に平和を感じます。

 

日本のおじさんは

 

意外と神経質で

 

電車に乗ると少しぶつかられるだけで

 

あたかも自分が痴漢にあったかのような目で見てきますが

 

世の中の奥様方、

 

家で相手をしてあげてください。

 

きっと、聞いて欲しい話が

沢山あるから、

 

頑固だの気難しいだの

 

若い野郎に言われます。

 

キャバクラで20歳そこそこと偽る女に愚痴をこぼして満足するメンズもおりますが

 

たぶん一番聞いて欲しいのは

 

奥様ですよ。反論しない奥様。ただ頷くだけでいいんですよ。うん。

 

 

まあ、私は結婚もしてない上に彼氏もいないので

偉そうなことは言えませんが

 

きっと、おじさま世代は

 

奥様大好きです。何となくね。

 

長年連れ添ってるわけですからね。

 

 

しょうもない話に変わりますが

昔すごく大切にしてた人形がでてきました。

 

その存在も忘れ、

誰がなんのために買ってくれたのかも覚えていないし

頭の片隅にも普段はないのに

 

それ見つけた瞬間今までにない衝撃を感じました。

 

ものに対して非常に執着するタイプではないですが

 

とてつもなく愛されていた記憶が

頭を駆け巡って

 

私の涙腺に語りかけたんだと思います。ちょっとだけ目から水が。ぅうう。笑笑

 

 

この人形持って、今はもうない駄菓子屋さんに

串カステラ買いに、ばあちゃんとあるいた公園の横の道とか

 

雨なのに公園で遊びたいと怒って

 

雨ざらしのなか、夢中で遊ぶ私を優しく見守ってくれたばあちゃんのことを

 

その人形を見て、抱き抱えるだけで

映画を見てるみたいに思い出したんです。

 

素敵なばあちゃんなんです。

今となっては私の名前を呼ぶまでに

何人か違う女の子の名前を言っちゃいますから、なかなか答えにたどり着かないのですが。

 

それもなんだか楽しいです。

 

あたしの中では、私の名前を忘れようと、存在を忘れようと

 

私はあの日のあの時のばあちゃんをしっかり覚えてるから

 

あたしが代わりにこの思い出を記憶しておくから

 

あんまり気にして欲しくないんです。

 

名前、間違えてごめんねって

すまなさそうに謝るばあちゃんに

 

なんて呼ばれても返事するから気にしないでいいよって

 

言いました。

 

笑ってましたよ。わたしのばあちゃん。

 

可愛いんですよ。小ちゃくて

 

足なんて21センチ。

 

わたしの胸くらいまでしか背もないし

 

可愛いんですとても。

 

大きくなったねーって

 

抱きしめられると、

 

ばあちゃんの暖かさ感じて

 

深く安心します。

 

今私を作っている全ての細胞は

 

ばあちゃんが大好きです

 

もちろん母ちゃんも大好きです。

 

それだけで

 

幸せなんです。

 

 

なんつって

なんかいい話しちゃったじゃん。

ま、そんな簡単に幸せを感じられるだけ

私は恵まれてるなーと

 

改めて思えます。

 

たまに

 

なにやってんだろーって

 

何にも無いのに悲しくなったり、落ち込んだり虚しくなったりします。

 

 

でも同じくらい

思い出し笑いもします。

鼻歌も歌います。口笛も吹きます。

脇の下でオナラの音鳴らせる人を見ると、もちろん家に帰って1人の時

 

練習します。

 

 

 

だからフィフティーフィフティー。

 

良いことも悪いことも

 

 

ぜんぜんへっちゃら。

 

悲しいのがなんで悲しいのか

具体的にわからないってことは

 

ただそんな気分だっただけってことで

 

まとめます。わら

 

だって考え出したら

 

地球が滅びたらどうしよう

 

に、

 

たどり着くんです。爆笑

 

もうその時はなんか笑っちゃいます。

 

私の悩みという木は、

 

枝分かれして

 

折れたり、曲がったりしてるけど

 

その先に沢山葉っぱが付いてて花が咲いてるんです。

 

素敵だなって。この例え

 

いま自分を褒めました。

 

今日親友と

 

三ヶ月ぶりに話して

 

なんで好きになった人は好きになってくれないのかというはなしを

 

少ししました。

 

それはね

 

簡単にいうと

 

 

タイプじゃ無いからだよー!って、

2人して笑いましたけど。

 

実際男性がオナゴを顔で判断しているのかは知らないですが

 

その私の親友は北川景子にめっちゃ似てる、一般ピーのやばい美人です。

 

でもそんな子でも

好きになってくれない〜って

悩むんですから

世の女子は悩みに悩んでいるのでしょう。

 

性格に難があるのか?という意見もありますが彼女は非常に天然で、女の子らしくてかわいいっすよ

 

私のようにこんなところでしょーもない事を書くようなタイプではありません。

 

だからこそ、長年連れ添った親友なんです。

 

彼女の好きな男性は

普通のサッカー男子で

 

あたしからすれば、どこにでもいる人間ですが

 

彼女からすれば

 

誰よりもかっこいい男子みたいです。

 

私には到底分かり得ないことですが、、

 

男性に対して誰よりもかっこいいなんて思うことないです。

ちえみ風に言わせていただくと35億の男性に私は会ってないのでそこでランキングはつけられないというわけです。

 

ま、女の子って極端ですから。

そして私はズボラですから。

 

 

関取花さんのもしも僕にって歌がめちゃくちゃ好きなんですけど

 

 

直接胸に刺さる歌詞たちが

大好きです。

これからも良い詩をかいて

 

その素敵な声で歌ってほしいです。

 

はあー今日も疲れたでも楽しかったチョコケーキが食べたいあ、冷蔵庫にプリンがあるペッパーくんに物を取ってくる機能がついたら買おう。読点とはとてもだいじですが

 

あえて頭の中にいま浮かんだままの浮かんだことを読点なしでかいてみました。笑笑

 

わたしの頭の中は限りなくじゃんるがひろいてです。

 

バカなんですけどね。

 

 

まあこの辺で。

 

 

ではでは

あざした。